豊胸で理想のスタイルになろう|女性の魅力アップ術

笑顔の医師

胸を豊かにするには

胸を計る女性

バストアップへの願い

多くの女性が、なんらかの美容の悩みを持っていると言われています。中でも、ボディに関する悩みの上位に位置するとされるのが胸の大きさです。欧米女性は出るところが出るといったメリハリのある体型が多くを占めますが、それに対して日本の女性は骨格が華奢で身体の厚みが薄いスラっとした体型が多く、結果どうしてもバストが小さめになりがちです。そこでこうした現状を反映して、市場にはバストアップに効果があるとされるグッズやサプリ等が出回っていますが、誰もが確実に効果を得られるとは限らないとされています。やはり確実な効果は、医学の力による施術を行う美容外科の豊胸術にあると言われています。美容外科の豊胸術は、長年の実績と日々進化する医療環境やその技術により、あらゆるリクエストを叶えることが可能とされています。また、バストアップの方法には複数の提案があり、メスを使って理想のバストを得るものからメスを使わず自然なバストアップはかるものまで、自分の希望に合った方法を選択することも可能なのです。

それぞれの施術

豊胸術で最も有名なものは、胸を開きそこにシリコンバッグを挿入するシリコンバッグ挿入法です。シリコンバッグは大きさや形を変えて100種類以上あり、あらゆる人のバストアップの願いを叶えることが可能とされているのです。また、この豊胸術はバストアップの効果が半永久的に持続するという特徴を持ちます。次は、バストアップとスリムアップの両方の願いを叶えるとされる脂肪注入法です。これは、お腹やお尻の余分な脂肪を取り出し、それを胸に注入するという方法です。自分の脂肪を注入することからアレルギーの心配がなく、さらに胸に注入した脂肪の5割から6割が定着すると言われています。最後にあげるのが、メスを使わないプチ豊胸術と言われるヒアルロン酸注入法です。これは胸に注射針でヒアルロン酸を注入していき、1カップから2カップほどの自然なバストアップが可能です。施術時間がわずか10分程度と手軽にできることから、非常に人気の高い豊胸術です。ヒアルロン酸の効果は平均して2年前後と言われていますが、これは何度でも再施術可能です。