豊胸で理想のスタイルになろう|女性の魅力アップ術

笑顔の医師

気軽に夢のバストアップ

カウンセリング

施術の種類と特徴

バストが小さい、大きくしたい、と悩む女性が世の中にはたくさんいます。近年、そのような悩みを持っている女性に向けた「豊胸手術」が流行してきています。では、豊胸手術にはどのような種類・特徴があるのでしょうか。まず、自らの脂肪を吸引し、それを胸部へ移すという「脂肪注入」という方法があります。自分の脂肪でバストを作り上げているので、不自然さがなく、レントゲンにも写りません。仕上がりを重視したい方にオススメです。また、ヒアルロン酸を注入し、形や大きさを整えるという方法もあります。注入するだけで施術が完了し、しっかりとした効果が期待できるので、あまり休みのとれない人などにオススメの気軽に出来る方法です。また、シリコンを挿入するという方法もあります。これは、胸に人口の胸を入れる、というイメージです、大きさを好み通りに調整することが可能な方法です。このように、それぞれの方法によって特徴が異なります。

「豊胸手術」は、近年テレビや雑誌などで頻繁に取り上げられ、知名度があがってきている手術です。従来は、シリコンを胸に入れる、という方法が一般的でしたが、近年では上記のような様々な方法が存在し、自分に合った施術方法を選ぶことが可能になっています。また、豊胸手術は「バストを大きくする」というものだけではありません。垂れ下がってしまった胸をつりあげる、乳頭の形を小さくする、など、バストの悩みに関することに幅広く対応しています。予算と目的に合った方法を医者と相談し、自分にぴったりの施術を見つけることができます。このような背景から、豊胸手術は今後、高い効果が期待出来、手軽に行えるもの、という認識がさらに浸透してゆくものと思われます。