豊胸で理想のスタイルになろう|女性の魅力アップ術

笑顔の医師

誰でも簡単に行える施術

レディー

血液を入れるバストアップ

バストの悩みは、多くの女性にとって切実なものです。多くの方は、もう少しバストアップがしたいという希望を抱いている傾向に有ります。近年、美容外科では、簡単にバストアップができる方法として献血豊胸があります。これは、最初はドイツで行われた施術で、日本でも近年では普及しつつあります。この血液豊胸とは、自分の血液から有効成分のみを取り出して胸に注入するものです。その具体的な手順は、まず採取した血液を遠心分離機で、赤血球と血小板に分離します。そして、血小板に熱処理を施してジェル状の塊にします。これを濾した「PPPジェル」というものをバストに入れていくのです。約200ccの血液で、1カップのバストアップ効果が有ります。

色々な利点

現在、人気の血液豊胸には、施術を受ける人にとって色々な利点が有ります。まずは、体に負担がなく安全であることです。というのも、自分の血液を採取して注入していく施術だからです。もともと自分の体内にあったものでバストアップができるので、副作用もなく安全です。また、シリコンでの豊胸のようにメスは一切使うことがないのも利点です。血液豊胸は、注射で血液を採取したり、注入していくだけの施術です。なので、体への負担もなく、精神的にも気軽に受けられます。したがって、外科施術が怖いという女性でも気軽に受けられます。上記のように利点が有りますが、1つ気をつけることが有ります。それは、施術後は胸にできるシコリを解すためにマッサージを行う必要が有ることです。これさえ守れば、確実に安全にバストアップができます。